コロナ禍で苦しむ女の子たちのためにご協力をお願いします。

女の子は、コロナのことなんて知らなくていい。
女の子は、外出自粛で虐待を受けても仕方がない。
女の子は、家計のために学校を辞めなければならない。
女の子は、さらに幼いうちに結婚させられる。

「女の子」というだけで差別され、
暴力を受け、搾取され続けてきた途上国の女の子たち。
新型コロナウイルスが感染拡大するなか、
彼女たちはさらなる犠牲を強いられています。
感染の危険に怯え、未来の可能性まで
断ち切られようとしています。

1日100円からの支援で遠い国の女の子の「親」になる。

プラン・スポンサーシップとは?

世界中が危機的状況のなか、犠牲になるのは弱い立場の女の子たち。生活や教育の面でさまざまな差別や制約を受けてきた彼女たちは、新型コロナウイルスによってさらなる危機をむかえています。

新型コロナウイルスによってさらなる危機を
早すぎる結婚や人身取引の急増

農業や小売で日々の生計を立てていた人々を移動制限や都市封鎖が直撃し、生活は困窮を極めています。「早すぎる結婚」がさらに低年齢化され加速。人身取引で性的搾取の犠牲になるリスクも高まっています。

身体的·性的暴力の危険

家にいる時間が長くなり、とくに女の子や女性へのドメスティック・バイオレンスや虐待の報告件数が急激に増加。望まない妊娠が増えるリスクも。感染症に対する知識もないまま病人の介護をさせられ、感染の危険にさらされています。

長時間の過酷な家事労働

水汲みや患者のケアは女の子や女性の役割とされ、教育は後回しにされがち。経済的に困窮している家庭では女の子の中途退学が増えます。休校中の強制的な結婚や妊娠によって、学齢期であっても復学の道が閉ざされてしまいます。

遠い国の女の子たちは、
これまでも過酷な環境下に
置かれていました

途上国の女の子たちは、生まれた時から「女の子だから」というだけの理由で差別され、虐げられてきました。

世界の非識字人口の
約3分の2が女性※1

家事労働のために学校へ通えず、識字率が極端に少ない。収入の手立てがなくなり、搾取の対象に。

途上国では、約3人に1人の女の子が18歳未満で結婚※2

教育の機会が奪われるだけでなく、妊娠や出産による身体的ダメージも。出産は女の子の主な死因。

身体的暴力を受けたことのある女の子は約4人に1人※3

世界で1億2000万人の女の子が性的暴力の被害に※4。加害者は制裁を受けず、女性が悪いとされる地域も。

人身売買の被害者の71%は女の子か女性※5

家事使用人や性産業の働き手として、騙されたり誘拐されて売られ、暴力や搾取の対象に。

※1 The World’s Women 2015 Trends and Statistics (United Nations, 2015) ※2 Marrying Too Young (UNFPA, 2013) ※3、4 A Statistical Snapshot of Violence Against Adolescent Girls (UNICEF, 2014)(3は15~19歳の女の子のうち、15歳以降になんらかの身体的暴力を受けたことがあると回答した女の子の割合) ※5 Global Report on Trafficking in Persons (UNODC, 2016)

新型コロナウイルスの影響で状況はさらに深刻に

衛生面や医療サービスが脆弱な途上国では、弱い立場の女の子が犠牲になるリスクが高まります。また、さまざまなプロジェクトが中断されて本来できるはずだった活動も滞ります。今後さらに、差別や不平等がより大きく、深刻なものになることが予想されます。

1500万

長期間の外出制限によって1500万件のジェンダーに基づく暴力被害の発生が予測される。
※3カ月ロックダウンした場合

700万

114の低所得国で4700万人の女性が避妊具の入手が困難になり700万人が望まない妊娠に直面することになる。
※6カ月ロックダウンした場合

2000万

マララ財団は、新型コロナウイルスの影響で約2000万人の中等教育を受けていた女の子が、学校を中途退学するだろうと警告している。

1300万

新型コロナウイルスへの対応で早すぎる結婚防止への取り組みが中断され、今後10年で1300万人の女の子が早すぎる結婚をさせられる見通し。

Impact of the COVID-19 Pandemic on Family Planning and Ending Gender-based Violence, Female Genital Mutilation and Child Marriage (UNFPA, 2020)
Malala Fund (2020) Girls’ Education and Covid-19

あなたの支援で、できること

生活の立て直しには、長期的な活動が必要です。ご支援いただくことで、地域や国と手を取り合い、さまざまなアプローチで活動することができます。とくに影響を受けやすい女の子や女性に寄り添いながら、感染拡大防止のための支援も継続していきます。

  • 簡易手洗い場の設置、手洗いキットの配布
  • 家庭学習支援のための図書の支給やコンテンツ配信
  • 衛生用品(石けん、マスク、消毒液、体温計など)の配布
  • 女の子や妊婦への電話カウンセリングの実施
  • 女の子・女性への生理用品の配布、職業訓練や子育てセッション
  • 困窮する世帯への現金支給・食糧支援、生活向上支援
  • 感染予防のための啓発活動やポスター・冊子の配布
  • ジェンダーにもとづく暴力防止や早期発見の啓蒙活動
  • 各地域の状況に合わせ、この他にもさまざまな支援活動を行っています。

各地域の状況に合わせ、この他にもさまざまな支援活動を行っています。

女の子たちを支援することは、彼女たちの可能性を育み、世界を前向きに変えていきます。 女の子たちを支える「親」に、あなたもなりませんか。


プラン・スポンサーシップ

女の子に配慮した、長期的で地域に根付いた支援
プラン・スポンサーシップ

プラン・スポンサーシップは、教育や保健医療、家計の安定といった途上国のさまざまな分野の課題を女の子のニーズに配慮しながら総合的に解決し、地域全体の底上げをはかります。長い時間をかけて信頼関係を築き、行政も巻き込んで人々の意識を変えていくことで、感染症の蔓延時などにも必要とされる支援を素早く届けることができます。その効果は家族や男の子、さらには地域全体にも波及します。女の子を含む住民一人一人が自分の力で立ち上がるその時まで、見守り続けることができる支援です。

*活動の成果をお伝えする「年次報告書」(年に1回)や機関誌「プラン・ニュース」(年に3回)、チャイルドや地域の近況を報告する「一年の歩み」(1年~1年半に一回)をお届けします。

手紙などでの交流を通じて、
女の子の成長を見守る。

18歳までの女の子(チャイルド。男の子も可)ひとりと手紙のやりとりすることができます。写真つきの成長記録や手紙を通じて、ひとりの女の子の成長を見守ることができます。また彼女の生活の変化や地域の変化を知ることで支援の成果を実感できます。*チャイルドとは地域を代表する子どものことです。※現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、チャイルドへの配達に遅れが見込まれています。

寄付月額

チャイルド1人あたり

プラン・インターナショナルとは

私たちは子どもの権利を推進し、貧困や差別のない社会を実現するために、途上国をはじめ世界70カ国以上で活動する国際NGOです。とりわけ、女の子や女性への支援に力を入れています。

よくある質問

将来、寄付をすることが難しくなったら?

事務局にご連絡ください。支援の中止も再開も、いつでも可能です。


特定の宗教に関係はある?

関係していません。プランは政治や宗教に中立の立場をとっています。


家族の名前(子どもの名前など)での寄付はできる?

はい。寄付者の名前は寄付の引き落とし口座名とは別に登録できます。税制上の優遇措置を受けるための領収証明書も登録とは別の名義で発行が可能です。

プラン公式SNS

プラン・インターナショナルの公式SNSでは、日々の活動や途上国の子どもたちの様子を発信しています。

  • Instagramアイコン
  • YouTubeアイコン